FC2ブログ
   
10
:
2
4
5
6
8
9
11
13
14
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

パッチワーク

 被災された皆様方には
心よりお見舞い申し上げます




朝 5時前には 太陽カンカンで
主婦にとっては洗濯物の
乾きが早いので助かります


   が

週末頃には☂の予報



パターンの宿題を 済ませなくちゃと
思いつつ ダラダラした日を送る

着物地の色や柄の選択が思うように
  いかなくてあぁでもない
こうでもないと日にちが過ぎる

少ない布から選ぶのですから
どうしても地味になってしまい

なかなか 納得できない
裁断して縫って 
ちょっと変・・の繰り返しで
時間ばかり過ぎる

DSCF1102_convert_20190619183722.jpg


単純な形なので 模様は
どのようにも変化出来るのです




納得いきませんけど キリがありませんので
こんな地味なドランカーズパスなのです

DSCF1094_convert_20190619183635.jpg

薄地なので芯を貼ってますが
大丈夫だなと過信した布は
  ヨレヨレになりました


こういうとこが 私はアマイのですワッ


刺繍の宿題も中途半端ですし

ひと針 ひと針は何と時間の
かかることか・と・今さら・・ね

DSCF1100_convert_20190619183659.jpg




今度大きなバッグを作りますので
  刺繍入りで 楽しみですが
     難しいそう




コツコツ進むしかありませんね。





今日は箪笥の中の整理をと
 昨夜思ってましたが

   気持が変わり

宿題を先に終わらせなくては・・と



捨てるものがいっぱいあるのです

捨てる捨てないで又 プチ バトルが
   始まるかも・・・

   イヒヒヒヒ
  他人ごと










スポンサーサイト



3週間ぶり

梅雨入りしましたが 昨日今日と
中休みなのかな 陽射しはまぁまぁ
強いですが 風はひんや~り


今日は3週間ぶりの稽古日
伊豆急電車にガタゴト揺られて



今日の稽古は 忙しいあれもこれも
そんな~ いっぺんに解りませ~ん


製図はドランカーズパス
意味は酔っ払いの小道だそうです

DSCF0807_convert_20190613231301.jpg

Mさんは先生に布を選んでもらっていました

DSCF0813_convert_20190613231350.jpg

私? 持って行った布が少なかったのでパスね


   そして刺繍もでした

フェザーステッチ アウトラインステッチ
チェーンステッチ ブランケット
フレンチノット 🎀リボン刺繍

どれも以前教えていただいたのに
すッかり 忘れているのでした。

  


酔っ払いの小道が済んだら
大きなバッグ作りに挑戦なのですよ

大きなバッグ作りは先生曰く
上級クラスだそうで・・


入ってたった1年過ぎただけなのに
私含めて 作りたいコールが・・

ならば 作りましょうということになり

私はみんなより布が少ないので
先生から布を買いました


地味な色合いのバッグで刺繍を
するのだそうです 刺繍糸も無いワッ

先生から布を買って・・
泥大島 阿波のしじら織り 正絹

DSCF0979_convert_20190613231520.jpg

以前の私ならこ~んな地味な色
目移りもしませんでしたが

この古布キルトの教室で
教えていただくようになって
地味な色が地味に思えなく
なってきたのですワッ

こんな色100歳近い人の
色合いだ~って思ったことも

でも他の色との組み合わせで
どのようにもなることが解ったのです




今日のティータイム 鉄観茶

生八つ橋 杏仁豆腐 アーモンド入りあられ

DSCF0819_convert_20190613231446.jpg




家に帰ってきて ドランカーズパスの
布選び・・どの布もしっくりこない

酔っ払いの小道といいアラバマ美人の時
もそう 名前でもう私 ダメ・・


よたよたと酔っ払った状態で
布選びね・・


それにしてもオモシロイ名前ですネ










出来ましたけど・・

五月 一年で一番爽やかな季節 
     なのに

曇りや ☂ばかりで や~ね。



宿題のバッグインバッグなのですが

作るだけの長さの古布がない
気に入った色、柄がない

布の箱をひっくり返し これもだめ
この柄じゃだめ ない 無い無い


唯一 長さがあったのがこの地味な古布

DSCF0628_convert_20190520124423.jpg

知り合いから戴いた帯をつかいましょっ

あ~でもない こ~うでもないと
ツブヤキながら

やっと裁断しまして 形だけは・・ね

DSCF0687_convert_20190520124342.jpg


前後違う配色にしまして う~ん 
地味だな~ 90歳近い人が持つ色?

う~ん 確かに地味だ~
納得いかないけど 練習だと思い
ひと針 ひと針・・・ね。



バッグインバッグなので中はこのように

DSCF0784_convert_20190520124239.jpg


DSCF0774_convert_20190520124153.jpg


DSCF0775_convert_20190520124216.jpg


私色ではない 色で作りましたが
  イマイチですな~~


次作る時は もう少し明るい色で
  作りたいですワッ











今日の教室

伊豆七島は降っているようですが
伊豆半島は一時☂とラジオから
しかし 一滴も落ちませんでした

曇ってますが明るい曇り空です
空と海の境界線うっすらと見え
 海上では少し空が水色


曇り空でもどんよりした色だったり
  今日は明るい曇り空です


色って際限ないのでしょうね


今日パッチワーク教室で和布の色彩
 について習ってきました

頭には半分も入ってませんけど


私のキライな講義 ベンキョウなのです

 ノートを広げて先生の説明を受ける



思い出すと中学の頃 美術の時間に
色彩を習ったこと 微かに思い出す


まさか あれから うん十年後に
      習うとは
  想像すらしなかったワッ




和布の色彩について

3要素・・お色気ではなく  色相
     冥土ではなく   明度
     再度ではなく   彩度



 
  ハイ 以後 真面目に


反対色・・・  補食ではなく 補色
まとまり色 ・・同系色、類似色
メリハリ配色・・ハッキリ色
無彩色・・・・黒 白 グレー


赤でも色々あり 

紅色 茜色 朱色 緋色  あと 忘れました

ピンクでも 桜色 桃色 あと  忘れました 

黄色・・黄緑 萌黄色  あと 忘れました


あくびが出そうなのをガマンして
製図も楽しくないけど 色のベンキョウも
楽しくない・・私だけですけどネ

仲間達は真面目だからシンケンに
    耳を傾けている 
 


色のことより名前が平安時代かなと
 思えるのは 私だけ?

  優雅な響きが多いネ

  和布色彩の名前は
 気持が柔らぐ言葉で
表現されてることに感動しましたね。

 こっちかよ・・ですワッ


仲間達はヒッシにノートに色名を書いている

「 紫色も奥が深いね」

「 皇室はお祝い色 紫だよね 」

「 知り合い?」

「 天皇陛下の御召し物 何とかの木で
  染めたそうだよ 」

「 お知り合い? 」




   先生が

「 今日は早めにお茶しましょっ 」 って

サッサッとカッティングボードと
筆記具等仕舞う こういう時だけ
   動作が速い私



月末に先生の知り合いのお宅で
フリマ開催されるので その話で
盛り上がり 勿論行きた~い
 





今日の教室 時間の流れがゆっくり
    
      でもね

ティータイムは瞬く間に過ぎる
  
 
( 落ちこぼれ生徒のツブヤキです )











スマホケース

シトシト小雨が降ったり 止んだりと




ほんの少しだけ明るくなってきて
小雨も止み 桜の葉がサラサラ
 揺れてきて小鳥達の囀りが
  森の中のBGM代わりね





先月のキルト教室で 先生がスマホに変えました~と
 まだまだ使いこなせないのでお孫さんに
  訊いてるけどムツカシイ・・と


そんな先生がスマホケースを作って
  みんなに作ったら・・と


MさんHさんは見ただけで 次の稽古日には
  出来ましたよ~と


見ただけで出来るなんて私はムリだ


    二人とも簡単カンタンと
  Mさんのをじっくり見せてもらい
 私もどうにか作ることができたのです


ヨーヨーキルトに時間がかかりましたね
  なにしろ不器用で遅いから


    裏布は大正時代の着物生地

DSCF0603_convert_20190424113418.jpg


やっとこさ出来たのがこれ 最初はいいと
思ってましたが だんだん厭きがきてます



次はもっと明るい色で作ってみようかな・・と

DSCF0601_convert_20190424113359.jpg


着なくなったブラウスのレース部分を
ヨーヨーキルトの真ん中に縫い付けてと

絞りの生地でクシュクシュ丸めて

 ビーズを散らしたり

清水の舞台から飛び降りる覚悟で
買ったカーデガン 最近着なくて
迷いましたが生かせるならと 
イミテーション真珠を付けました

DSCF0594_convert_20190424113317.jpg



明日は楽しいキルト稽古日 また難しい製図かな

  頭の体操と思えばいいですけど

  数学なので ついていくのに

   必死のヒッちゃんですよ。




老婆なのですが 5人の仲間の中で
下から2番目に歳が若いので


教室に行くと 若い若いと云われ
調子乗り子になっているのですワッ









プロフィール

プチ・クレソン

Author:プチ・クレソン
伊豆に住むちょっぴりお転婆なママ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR