FC2ブログ
   
10
:
2
4
5
6
8
9
11
13
14
16
17
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

☂の日は本読み

降り続く☂ 雨 昨日午後から少しだけ
お天道様が😊にこにこでしたから

おぉ~となったのも束の間
今朝 また ☂ 風がひゅ~ひゅ~

部屋の温度は20度 寒いです
ソックスを履きました


5月にホームセンターで買ったバジル
お腹すかせていた虫君の
🍚になって葉は穴だらけ


凝りもせず また買いまして
今度こそは・・

玄関先に置いておいたら
また、虫君が・・

なので ベランダに引っ越しを
そうしましたら☂で今度は
倒れそうになり 部屋の中へ

今年もバジルソースを作るぞ~

DSCF1278_convert_20190709074913.jpg


☂が降り続ける毎日 ☂でもなくても
本は常に読んでます

もう返却しましたが さだまさしさんの

「 銀河食堂 」・・お薦めです

ここでこういう本ですと書くより
一気に読みたくなる本なのです

風に立つライオン、カステイラも
一気に読みました






テレビがあった頃 「 朝まで生テレビ 」を
夫は観てました 私は あんまり~

政治討論で政治家 評論家 各人々が
話に熱が入り過ぎてしまいますが
姜尚中さんは 落ち着いた少し低い声で
理路整然と話されると他の人が黙る

それまで 姜尚中さんを知りませんでした

「 在日 」 「 母ーオモニ 」 「 心 」
「 悩む力 」 「 続 悩む力 」 等は読みました

 図書館で目に入ったのがこの本

政治学の本ではないので 私でも読める
 お薦めの本です

DSCF1280_convert_20190709074938.jpg







奥泉 光 「 雪の階 」 きざはしと読むのですね

昭和10年 数えで20歳の女学生

  親友の謎の死 



昭和 11年2月26日 2.・26 事件

まだ読み始めですが 東郷平八郎元師 

平沼騏一郎 美濃部達吉 西園寺公等登場

難しいので 夫に訊きながら・・

夫 「 何とかカンとかで それは その人物が・・」

私 「 ・・うん・・うん・・分かった・・・」

 実は チンプンカンプン

訊かないほうがよかったと思いながら
おバカなのですぐまた訊いたり

メンドクサと思いながら スマホで検索したり
  私のオツムで 読み切れるか 
  本の厚さ 4センチですし

2.26事件も詳しく知らないおバカですし
サスペンスは怖いので読まないのですけど
難しながら ボチボチ読んでます







DSCF1293_convert_20190709075101.jpg


1930年代のロンドン 身寄りのない
 3人の赤ちゃん 三姉妹
 悩み 輝き 自立への道

3人が織りなす 夢とユーモアの物語
読みやすそうで 楽しみです

DSCF1287_convert_20190709075037.jpg


☂がシトシト降っていて
シ~んと 物音ひとつしない






らり~~ らり~~ららり


ビックリした! 固定電話の音

「 ハイ もし、もし 」 

「 奥様でいらっしゃいますか ご家庭で
 ネムッテいる宝石などありましたら・・・」

「 いいえ 何もありません 」

「 さようでございますか 」


はいさようでございますこと・・よ
わが家には宝石の金の延べ板も
 ありませんことよ あるのは
 押し入れにベランダの板が
  あるのみざぁますワッ


ビンボウなわが家に電話かけてくるな~



 






スポンサーサイト



しっかり見なくっちゃっ

昨夜から朝にかけて降った雨も
 朝 7時頃には止みましたが
  曇った状態のままでした


気温の上がり下がりが激しいためか
風邪をひいてしまい 胃腸が弱いうえ
痛く 元気印の私も静かです


針を持つ気力もなく 夫が本の返却日が
遅れているから 図書館へ行くぞ・・と






瀬戸内寂聴さんの秘書     原田マハさん・アート小説第一人者
おちゃめに100歳 寂聴さん  人生の岐路に立つ人々が奇跡のような
がベストセラーに         絵画にめぐり会う 短編集

    
   

DSCF0629_convert_20190506224427.jpg





英語の新しい本があるってCD付ですし

飛びついて借りた本が・・・


家に戻り どんな英語かなと
ページを開いてあれれ あれ??


表紙を見ても気づかなかった

 自分でも呆れますワッ

DSCF0749_convert_20190506224402.jpg


英語っていう文字だけを見て
借りてしまった本

「 どれだけ おっちょこちょいなんだ 」 と・・

「 ・・・・・・・・・」



こういうところがあるんですね わ・た・し・

以前も夫の歴史小説 喜ぶと思い 
借りたのに既に読んだ本でした 

「 同じような本だから 間違えてもしょうがない 」 って
 


別に責めることはしませんが



「 いいよ いいよ 」 って言われると

私 自己嫌悪になりますし


慎重なのか おっちょこちょいなのか

分からない わ・た・し










本 読む幸せ

暖冬なのでしょうか? 例年並みと
云ったほうがよいのでは・・ 

冬だから寒いのは当然ですが 
暖冬って予報されて 寒気が入ってきます
なんて云われると なんやねん・・ってネ


パッチワークの宿題もあり 六角形の作品も
進まず どうしたことやら


  借りてきた本も読まなくては・・

素敵なご夫婦 ファッションは勿論
シンプルな住まいにも脱帽
 
この本借りた時 図書館の人が

「 クレソンさんの御主人もこのような人だと
  思いますが? 」 だって

「 ありえない 江戸末期生まれですから 」


草笛光子さん これまた シャキッとカッコイイですネ

DSCF9253_convert_20181215113633.jpg


毎日 毎日 な~にも作りたくない 

本見てるだけ~ 掃除もしたくない

寒いもん 洗濯は仕方ないけど

ヨウスルニ 私、横着嫁だってこと・・ね

DSCF9092_convert_20181215112224.jpg


日日是好日 樹木希林さん出演映画
お茶のお稽古の優しい文章の書き方で
読んでいて ほっこりしました

 私が 初めて習ったのが中学2年
友達と二人で 80過ぎのおばぁさんだった記憶

その人が 家元だったのかも

子どもだったから 分かりませんでしたが

今、思い出すと・・

間違えても 優しく 丁寧に教えてもらい
お茶より お饅頭のほうが 楽しみだった 
名古屋が本家 松尾流 確か家元のお家?


全く偶然ですが 夫も京都で松尾流の
 お茶を習っていたのです

その頃から赤い糸で・・まさか
今、その赤い糸がよれてますけど・・。


習いたいですが 作法身についてません
忘れてますし おほほほの世界は苦手・・。



内館牧子さん 現実味あふれる話 笑えます
タイトルが すごい もう少しで読み終えます


キラキラ共和国 「 ツバキ文具店 」 待望の続編

キラキラ 幸せになれる7秘密のおまじない

読むのが 楽しみ~


DSCF9086_convert_20181215112159.jpg






おてんばだけど 運動は苦手 

チクチク針 動かしたり 読書は好き

おてんばだけど 活発ではない

天然だけど・・・だけど? やはり 天然かも?

かも? いいえ しっかり天然です。










正月・・記憶の中で

12月も後半月になりましたね
もういくつ寝ると お正月~

 ウキウキした子供の頃の気持は
いつ頃 なくなってしまったのでしょうか


私が幼稚園に入る前?だったのか
  記憶があいまいですが

餅を石臼でついてました その石臼は
今では 友の庭でメダカのお家に。


従姉のSちゃんと羽根突きをした遠い昔
 隣のMさん家のおばぁさんが 

「 Sちゃんは べっぴんさんだね~ 」 って

Sちゃんは 誰が見てもお嬢様でしたから

 私は羽根突きをする気が一変に
イヤになったことは 今でも覚えている

  私は引きたて役



福笑いでゲラゲラ大笑いしたり
 かるたで枚数競ったり
 トランプも楽しかった


伯父が紋付羽織で正月に年始の挨拶

 お年玉・・嬉しかった~

板垣退助の百円札でしたね


冬休みの宿題も始業式前日に
ギリギリ必死で終えるおバカな私




な~にも考えず 過ぎた正月





一変したのが 嫁いでから

本家の正月は・・・ 

こりゃこりゃ 私じゃムリ~って

思い出したくない この辺で

止めておきます ハイ。


最近は縫い付けませんが 移住したての頃
  こんなアンポンタンのことも

DSCF1140_convert_20140101093347.jpg





 今では 老夫婦だけの静かな正月 
  姑様がみたら 腰抜かすかも










秋の夜長

9月も残り少なくなってきました 残暑は
少なかったですが 雨が多いですよね

玄関の鉢植え サフィニア ペチュニア 
雨に当たらないように ドア付近へ移動

夫が鉢をエッコら よっコラと言ったか
どうかは 見ていないので分かりませんが

花を大事にする夫のこと 狭いけど 
我慢してと花に声かけたのでしょう


雨ばかり降りますと 洗濯物が・・
朝、起きづらい・・・
夫婦の会話が自然となくなる

あっ!これは☂、☀ カンケイないですね


秋の夜長は読書を・・ですが
私達夫婦は いつでも本を読んでます

テレビが無いのもですが 画像より文字ですね


夫と私の読む本が全く違うのです
私、歴史、無理、無理・・ 



 今年6月公開された映画 葬儀会社に勤める主人公と
     イマドキの青年社員との物語

 9月初め頃 一気に読みました お薦めです。

DSCF8008_(2)_convert_20180925214912.jpg


 

  寂聴さんの本はずいぶん読みましたが 
   これは 秘書が書いた 寂聴さんの
     本音を痛快に書いてます
          笑えます 

  この本も一気読み ぜひ読んで下さい

DSCF7901_convert_20180925214633.jpg



 ドキュメンタリー映画 「 あしたも、こはるびより 」

 伊東市の観光会館で上映されたのですが
 知ったのが 翌日だったため・・・

つばたしゅういちさん 愛知県の

「 高蔵寺ニュータウン計画 」で日本都市計画学会の
石川賞受賞 2015年午睡中に逝く 享年90歳

つばた英子さん キッチンガーデナーとして
  大地に根差した丁寧な暮らし実践中

DSCF8184_convert_20180925214744.jpg



料理研究家で有名な 有元葉子さん

家と暮らしのことを書いてます
東京、信州 イタリアでの暮らしのこと

DSCF8179_convert_20180925214717.jpg


元NHKトップアナウンサー 下重暁子さん
私が子供の頃ニュースに出ていた人
綺麗な人だな~と 理知的な女性

「 家族という病 」 から この人の著書を
    読み始めましたね 

人生は 思い通りにはいかない。
苦しいことも、余計なことも 
  全てが肥しとなる 

マイナスイメージのものでも 面白がる気持を
持っていれば 落ち込むことはない・・と

相当強靱な 神経でないとね すぐ落ち込む私

文章、文体が流石と思える 頭脳明晰な方です。

DSCF8185_convert_20180925214813.jpg



   群ようこさん 

痛快 笑える そうだ、そうだといつも頷ける

最強のメスネコ 女王様に仕える 著者
笑いあり 怒りありの日々の記録

9年前に死んじゃった わが家の飼い猫
チャオを思い出すワッ 私より利口だった

DSCF8190_convert_20180925214836.jpg


パッチワークの宿題もやらなくっちゃ 本も読まなくっちゃ

夫との会話も楽しまなくちゃ~・これは楽しむではなく

  何なんでしょうね 昔の思い出話がポンポンと

    何度も同じ話 ヤんなっちまうぜ
   
    うんざりした顔もできませんが・・
    初めて聞いた顏もできませんよ・・

    たぶん 自分でも分っているかも・・

    私もひとのこと言えませんけどね・・


   夫 滑舌ワルイ   妻 耳 ワルイ

   


 秋 夜長 コウロギ呆れ ギィーギィと








プロフィール

プチ・クレソン

Author:プチ・クレソン
伊豆に住むちょっぴりお転婆なママ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR