10
:
2
3
7
8
9
11
13
14
15
16
17
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

許して下さい ネ

森の中は 暑い夏を惜しむかのように 蝉の合唱や

ツクツクボウシが せわしなく鳴いてますね



今年のお盆も過ぎました。

21歳の小娘が本家の古い家に嫁して30う~年


お正月 お盆 法事 お祭り その他・・・・・。



嫁いで7年はお姑に甘え おまかせして 見ながら覚え?・・・。



お姑が亡くなってからは さぁ 大変 こなせるかな!?

な~んて 言ってられません 主人と相談しながら

やるしかないのです。未熟なりにも こなさなければ・・・。






お祭りは私が嫁す前から 玄関( たたき )に お獅子を飾る場所を

町内に貸ししてあるので 人の出入りが頻繁なのです。





法事 これまた大変 掃除はもちろんのこと

料理屋の選択 私と夫が決めた料理屋でしたが

夫の兄弟から あぁでもない こうでもない・・・と

お金は 私達夫婦が出すのに。


義父母の兄弟 従兄もおりましたワ!




お正月  夫の兄弟全員集合+お婿さん・お嫁さん+子供たち

近況語り合い 賑やかに? 笑いながら?


私の心の中( 早く帰って~ ) ダメ嫁ですな~。


弟のお嫁さん、器1つ片づけようとしません。

お客ですからね・・・。






お盆 仏壇の掃除 お墓の草取り 

お寺さんに連絡を取りあい


これまた 当たり前ですが 親戚 兄弟 全員集合。


亡くなった人を偲びつつ 食事を食べてもらい・・・。













伊豆に移住して10年 本来なら 移住なんて

古い家の本家の跡取りが とんでもないことです。




お墓は参ります。 仏壇は伊豆に・・・当然です。







ナゼ? 伊豆に? お答えします ( なんじゃ それ? )

私の精神が壊れ始めてきたのです。

病院に行って薬を飲んで?

いいえ! 自分で判断しました。 環境を変えるしかないと・・・。





今までの精神疲れが伊豆に来て  

ドカ~ンと 体に出ました が

治りました・・・・・。 




今では  本来の自分に戻れたのです。

双方の親が生きていたら 移住はできません。




 許して下さい お舅 お姑さま。秋にお墓に参ります。

DSCF9190_convert_20130817123157.jpg

   
 




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No title

こんにちは♪

去年の イン神戸の記事読ませていただきました☆
なんだかワクワクした気分になりました~それに
明石海峡が見える風景  我が家の実家から見える風景に似てるような。。。笑~

色々とご苦労されたのですね。。。身内の事ってなかなかデリケートな事で難しいですよね。。。まして愛する人の親 兄弟となると。。。

ご両親もきっと一生懸命されてたプチ・クレソンさんの事を笑って許してくださってますよ。。。ご主人と仲が良いのも喜ばしいことですしね。身内のことで離婚するご夫婦もいらっしゃいますから。。。
元気にもなって移住は正解でしたね。。。❤

私も長男の嫁で将来どうなるかわからないのに東京で家を購入しましたが 帰る可能性もありで。。。
両家の両親が健在でいるあいだは まだまだ何も考えられないです。。。良いのか悪いのかわかりませんが。。。

また近い将来色々な問題があるかと。。。その時は聞いてください。。。色々と経験された人生の先輩として。。。よろしくお願いします☆



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本家の嫁?ドラマでしか分かりませんが、想像はつきます。

私も長男の嫁ではありますが、長男より長女を頼ってくれていますので助かります。
親から離れたくて、福岡から茨城へと就職し・・またひょんな事で私と出会い。私はとても嫁の働きなどできる器でないと、姑も始めから諦めてくれたようです。
「おてんば」は私の代名詞でしたもの。v-411

クレソンさんとは共通点が多い様な気がします。

私も身体を壊し・・大きな決断をして今の場所へ越してきました。
お金は貯めたくてもなかなか貯められませんが、ストレスは溜めたくても溜まるもの。

草場の陰で、クレソンさんにエールを送られていますよ。
「あの頃は大変だったね!伊豆の生活を楽しみなさい!」とネ!

No title

こんばんは~(^.^)
頑張りましたね~、うんうん!
私も本家の長男の嫁ですが7年で飛び出しました!!
そしたら主人も付いて来た(笑)

私も病んでましたよ…
本当に頑張っても「無理!」って時あるよね~

ま、今が良ければ良いって事で(*^^)v

Re: No title

v-341こんばんは~

イン神戸 お読みになられましたか 息子の家からの眺めです。

私って世間様からみると 長男の嫁にみられないのですよ 笑

家同士の結婚ではないのですが( 少しありかな ) まっ!色々ござんした~ 笑


misarunkoさんも長男のお嫁さんなのですね・・・。

同居は 大変ですよ 私の場合 両親、小姑3人 親の兄弟すぐ近くなのです。

ひとつづつ 山なのか谷なのか はたまた 暗いトンネルだったのか

乗り越えて現在に 至ってます 笑

Re: 残暑 厳しいですね。

[絵文字:v-341]こんばんは~

はい、救われたことは 貴女の言葉だったのです。そして 亡くなる時「 クレソンありがとう 」って

あの世に行かれたのです。


まっ!色々ありましたが・・・。伊豆にきて 自分をとりもどせたような・・・。


お墓は6月に参りましたので この秋手を合わせてきます。

遠いので ゆっくりといかなくっちゃ。

コメントありがとうございます。

Re: No title

v-342こんばんは~

ご実家福岡なのですね 福岡っていい所じゃないですか~。

私と共通点が多い・・・ 嬉しいじゃあ~りませんか。


ホントにその通り お金貯めたくても・・・・ですよね。

一生貧乏ですが 幸せなので夫を許す ぶはははは ( 上から目線か! )


スパティーさんありがとうございます。

夫が そのような言葉を時々 親は言ってるよって同じことを

言ってくれます。 それだけでも救われた気がします。


おてんば同士 前向きに歩きましょうネ。 

Re: No title

v-342こんばんは~

私だってすぐ飛び出したかったです・・・でも世間体が 世間って結局は

見栄なのかも 親の顔がつぶれるだの、クレソン家の恥だとか・・・。

古い家なので許される訳がありません! かといって実家に帰ることも・・・。

なので 我慢 辛抱 これしかなかったのです。


そうです 今がよければ良いのです 笑

No title

お疲れ様でした

簡単な言葉で書き込むのも気が引けたのですが
書き込ませて頂きました

大きな出来事があり、自分の中で何がどうなって、結果がこうだったんだと
なんとか納得でき、自分の中で折り合いをつけて、人に話せるようになるまでは、すごく時間掛かりますね

人に話せるって事が、ひとつの区切りになるかとも思ってます

言いたいことを言わないで我慢して、結果具合悪くなったりすることがあったので、今は言葉や言い回し、声のトーンやしゃべりのスピードなど、穏やかにやんわり伝えるようにしています
 
数年に1度とかの人だと、めんどくさいので言わなかったりもしますが
言い方一つで誤解されたりするので、難しいですね

Re: No title

こんにちは

ふぁみさん そのとおりなのです。 

親に話せば心配しますし 人に話しても解決するわけでもないし・・・。

だんだん自分が壊れてきたのでした。我慢 辛抱は 当たり前子供たちも巣立ち

双方の親をみおくり、それでもまだまだ イタラナイと言われもう限界でした。


本来なら古い家で跡取りが出るなんてことは言語道断ですが

決断してしまいました。夫は初め反対しましたが ホント限界だったのです。

神経すりへらし ず~と家を守っていくことに ホトホト疲れたのです。


夫の理解があり今こうして 伊豆に移住して10年 お顔は分からないですが

ブログ始めて2年 本家の嫁だったことを 書かせていただきました。


人に言う言葉ってむつかしいですよね 誤解などありますし、

ありがたいことに 夫がおだやかなので なんでもぶつけています。

お茶碗はぶつけませんヨ ハハハハハハ 

ふぁみさん コメント ありがとうございます。


No title

本家、とか、お身うちの関係とか、

年間行事、とか―

そういう中で生きていかなくてはならないのは

本当に大変ですね・・。。



ご自分で決断・・(^O^)

勇気ある行動!!かっこいい~!!

自分のことは自分で守らなくては、ですね。


家、の束縛で不幸になっては 人生悲しいですものね・・。


心身ともに健康!幸せの基本ですよね(^'^)



Re: No title

mitoさんこんばんは ありがとうございます。

かっこいいだなんて 我儘と言われればその通りですが

昔の女性ならありえないことです。 我慢 辛抱 しましたが 限界でした。

精神がズタズタになりそうだったので決断した次第です。


夫には感謝しております。伊豆に移住して本来の天然おばさんに戻れました 笑

心身ともに健康 これが1番なのです。

Secret

プロフィール

プチ・クレソン

Author:プチ・クレソン
伊豆に住むちょっぴりお転婆なママ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR