10
:
2
3
7
8
9
11
13
14
15
16
17
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

心の痛みが解かる人間に・・・

夜中に激しい雨音に目が覚め うとうとしている間に
うぐいすの  朝ですよ~の目覚ましで起き上がる。


 小雨がパラパラ 雲が切れ始め 海と空の境界が見えたと
    思ったら またパラパラと・・・そのうち 濃い霧が
        一瞬のうちに周りを覆い始めました。


  DSCF6658_convert_20150516105650.jpg


        霧がふわ~と流れていて 雲の中います。

    黛じゅんさんの 「 雲に乗りたい 」 の歌ですゎ ( 年がバレバレ )



      最近読んだ本の中で印象に残った個所。

      国外でも有名なドクターの父親の言葉

  

「 患者がどんな思いで:医者:を見上げているか視線の哀しさを理解しろ 」
        

「 医者の御機嫌を損ねぬように気遣っているのをちゃんと感じる心根をもて 」

       
「 肉親という人質を取られぺこぺこ御機嫌を伺っている哀しい視線に気付け 」
    

「 患者や患者の家族はお前という人格に頭を下げているのではない
  医者という幻想に対して平状しているのだ 忘れるな 」

「 それを 忘れたら 俺は絶対に許さないからな 」



       どなたも御存じの 有名なドクターの父親の言葉

 この方は大学に行くのを断固反対され続け 最後に父親が許した時の言葉


 「 貧乏な人間がどんな思いで 医者にかかるか絶対忘れるな それだけだ 」    
       

   
         ドクターに限らず 先生と呼ばれる人達も
      先生 先生と世間から云われ 自分は偉いのだと
          大きな勘違いしないこと を願います。


  DSCF3184_convert_20150516122943.jpg







にほんブログ村 主婦日記ブログ お茶目主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No title

おはようございます。

仰る通りでございます。

母が入院していた病院も、救急病院は命を大切にしてくださる
温かい病院でした。

その後、転院した病院は、一部の医師・看護師・介護士が
患者を物のように扱っていて、許せなかったです。
患者の中には、他の看護師の方に相談されていたのですが
注意を受けたのか一部の方たちが
その患者さんに対し嫌がらせをしていました。
私も、見るに見かねて注意をした事がありますが
もしかしたら、その事で 私の知らないとき
母も嫌がらせを受けていたのではないかと今でも気になります。

人の心が分かるお医者様に出会いたいですね。


Re: No title

mikan-tiiさん こんばんは。

医者の中には勉強だけしてきて挫折しらず そして全部ではないですが

お金をつぎこんでドクターになった人間も数知れず・・・。


ドクターに限らず 看護師もこれも全部とは言いませんが
ペコペコ患者から頭を下げられるので 大きな勘違いをするのです。

命を預ける弱者を上から目線でものを言うドクターがどれだけいることやら。

中には人格者もいますが・・・ なかなかお目にかかれませんね。
Secret

プロフィール

プチ・クレソン

Author:プチ・クレソン
伊豆に住むちょっぴりお転婆なママ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR