FC2ブログ
   
11
:
2
4
6
7
9
10
12
14
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今日の教室

伊豆七島は降っているようですが
伊豆半島は一時☂とラジオから
しかし 一滴も落ちませんでした

曇ってますが明るい曇り空です
空と海の境界線うっすらと見え
 海上では少し空が水色


曇り空でもどんよりした色だったり
  今日は明るい曇り空です


色って際限ないのでしょうね


今日パッチワーク教室で和布の色彩
 について習ってきました

頭には半分も入ってませんけど


私のキライな講義 ベンキョウなのです

 ノートを広げて先生の説明を受ける



思い出すと中学の頃 美術の時間に
色彩を習ったこと 微かに思い出す


まさか あれから うん十年後に
      習うとは
  想像すらしなかったワッ




和布の色彩について

3要素・・お色気ではなく  色相
     冥土ではなく   明度
     再度ではなく   彩度



 
  ハイ 以後 真面目に


反対色・・・  補食ではなく 補色
まとまり色 ・・同系色、類似色
メリハリ配色・・ハッキリ色
無彩色・・・・黒 白 グレー


赤でも色々あり 

紅色 茜色 朱色 緋色  あと 忘れました

ピンクでも 桜色 桃色 あと  忘れました 

黄色・・黄緑 萌黄色  あと 忘れました


あくびが出そうなのをガマンして
製図も楽しくないけど 色のベンキョウも
楽しくない・・私だけですけどネ

仲間達は真面目だからシンケンに
    耳を傾けている 
 


色のことより名前が平安時代かなと
 思えるのは 私だけ?

  優雅な響きが多いネ

  和布色彩の名前は
 気持が柔らぐ言葉で
表現されてることに感動しましたね。

 こっちかよ・・ですワッ


仲間達はヒッシにノートに色名を書いている

「 紫色も奥が深いね」

「 皇室はお祝い色 紫だよね 」

「 知り合い?」

「 天皇陛下の御召し物 何とかの木で
  染めたそうだよ 」

「 お知り合い? 」




   先生が

「 今日は早めにお茶しましょっ 」 って

サッサッとカッティングボードと
筆記具等仕舞う こういう時だけ
   動作が速い私



月末に先生の知り合いのお宅で
フリマ開催されるので その話で
盛り上がり 勿論行きた~い
 





今日の教室 時間の流れがゆっくり
    
      でもね

ティータイムは瞬く間に過ぎる
  
 
( 落ちこぼれ生徒のツブヤキです )











スマホケース

シトシト小雨が降ったり 止んだりと




ほんの少しだけ明るくなってきて
小雨も止み 桜の葉がサラサラ
 揺れてきて小鳥達の囀りが
  森の中のBGM代わりね





先月のキルト教室で 先生がスマホに変えました~と
 まだまだ使いこなせないのでお孫さんに
  訊いてるけどムツカシイ・・と


そんな先生がスマホケースを作って
  みんなに作ったら・・と


MさんHさんは見ただけで 次の稽古日には
  出来ましたよ~と


見ただけで出来るなんて私はムリだ


    二人とも簡単カンタンと
  Mさんのをじっくり見せてもらい
 私もどうにか作ることができたのです


ヨーヨーキルトに時間がかかりましたね
  なにしろ不器用で遅いから


    裏布は大正時代の着物生地

DSCF0603_convert_20190424113418.jpg


やっとこさ出来たのがこれ 最初はいいと
思ってましたが だんだん厭きがきてます



次はもっと明るい色で作ってみようかな・・と

DSCF0601_convert_20190424113359.jpg


着なくなったブラウスのレース部分を
ヨーヨーキルトの真ん中に縫い付けてと

絞りの生地でクシュクシュ丸めて

 ビーズを散らしたり

清水の舞台から飛び降りる覚悟で
買ったカーデガン 最近着なくて
迷いましたが生かせるならと 
イミテーション真珠を付けました

DSCF0594_convert_20190424113317.jpg



明日は楽しいキルト稽古日 また難しい製図かな

  頭の体操と思えばいいですけど

  数学なので ついていくのに

   必死のヒッちゃんですよ。




老婆なのですが 5人の仲間の中で
下から2番目に歳が若いので


教室に行くと 若い若いと云われ
調子乗り子になっているのですワッ









しゅくだい 完成

今日は海と空は同じ色で 海の境目が
分かりません グレーと水色を混ぜて
 白をプラスしたような感じですね



それに比べ昨日はお出かけ日和でした
 伊豆稲取のクロスカントリーでは
  フリマが開催されていました


夫は行きたくないと・男性はこういうの?
行きたいなら行くよって言ってくれましたが
駐車場で待ってられるのも・・

私は車運転できませんし



キルト仲間にラインしましたら
上天気だから大掃除中で
  クタクタだよ~って・・




  今日は出かけず
キルトの宿題をしなくっちゃ~



10日前のキルト教室での製図
 もう一度 記憶を頼りながら
  方眼紙で 作り直す

おさらいしてやっと納得する

簡単そうで複雑と思うのは私だけかも

DSCF0429_convert_20190422115409.jpg



次は布選び キルト先輩に戴いた
  白布があり 有り難い

白色は決めてもあと2色に悩む
リビングにありったけの古布を
広げ あ~でもないこうでもない・と

う~ん迷う 迷う 今回は明るい色で

やっと決めたのが 夫のお宮参り時の着物

DSCF0431_convert_20190422115428.jpg


裁断しまして これも時間がかかります
不器用なので キレイに切れない


切り終えて並べて さっ!縫いましょっ!

あれれ 変だ 印が合わない
どうしよう~ 夫に言っても
解決できませんが

「 合わない 変 もう やだ~ 」

  夫は新聞広げてる

「 初めから ゆっくり 見直したら? 」

 解決にも何にもならない



分からないとこあったらラインしてと
言って下さったMさんに SOS

印が合わない、布の長さは間違いない

   即 ラインが

親切だ~ 写真撮って 縫い方まで
  説明してくれている


先生からのコピーは逆の方向からなので
分かりづらいとは オツムワルイ私だけ!


有り難い ホント親切に 丁寧に

   感謝 感謝 


夜やっと 出来上がったのです
縫う前は 形になるか不安でしたが

簡単そうに見えて複雑なこのパターン

 インターロックスクエアー 


DSCF0585_convert_20190422115013.jpg


5人の生徒の中で2人はハワイヤンキルトを
何年も続けていた人

1人は着物を長年 縫い続けていた人

1人は着物を縫ってて今は刺し子のプロ


移住する前パッチワーク教室に
 通っていましたが月謝払って
 笑い転げてばかりいました



 



残りの私 落ちこぼれで問題児
児ではなく モンダイ婆ね


出来なくて当たり前と開き直ってるし

   
先生始め 皆さん優しいので
続けられる 楽しい教室



宿題 完成しました~



どんなことも スーとうまくいかない
    私ですワッ











難しかった

一か月以上も空いたパッチワーク教室
  ローカル電車に揺られながら
     気分はウキウキ


仲間とお久しぶり、ぶり~と 挨拶して・・


先生が今日は難しいですから 真剣にねと・・
いつもシンケンですけど・先生、私の顔見てる~


 インターロック.スクウェアー

  インターロック・・・重なり



「 はい、製図いきます 正方形の
 外線中心からコンパスで円を引いて下さい 」

「 ここだよね 100均のコンパス 言うこときいて! 」

  すぐ 何かのせいにする わ・た・し

「 次は 外線の中心どうしで正方形を書いて下さい 」 

「 この線でいいんだよね 」  自信ないワ~

「 その正方形の中にまた正方形を書いて下さい 」

「 えぇ!? どこに? 線と線? もう解らな~い 」

みんなも 戸惑ってる~ 私だけかと・・

この年で幾何学模様を製図するとは

数学キライでしたが 特に図形は苦手の苦手

ボケ防止には いいかもしれませんが

アタマが こんがらがってきてます。

ただでさえ 弱いオツムなのに

こんなムツカシイ製図 出来るわけないじゃん!

優しい先生のこと 一人一人ノートを見て

私のとこで 止まった やっぱり


「 クレソンさん もう一度初めから線引きましょ 」

「 えぇ? 苦労してここまで書いたのに~ 」

「 難しく考えないで 頭 やわらかくして」

 もう チンプンカンプン状態

柔らかくも何も  よけい頭、固くなってきたゾ

「 そうそう円を描いて 線引いてそうそう 」

ノイローゼになりそう Tさんが

「 クレソンさんが 今日、いないみたい 」

私が しゃべらずに 製図書いているから?

みんなだって今日は口数少ないのに・・

そのムツカシイ製図がこれです

DSCF0421_convert_20190411193130.jpg



次は色鉛筆で色分け またまた 分からなくなってきた

みんな 「 どれと どれが 同じ色? 」

先生  「 中心の八角形A と台形Dは同色で 」


みんな 「 今日は まいっちゃうね 」 

  中心の八角形ってどれだ~

先生  「 みんな 難しく考えすぎ 」

そんなこと言われても ムツカシイもんネ

で  色塗りしたのが これ

DSCF0424_convert_20190411193156.jpg


知恵の輪

知恵もないし 知恵熱が出る歳でもないし
 
DSCF0425_convert_20190411193219.jpg

 あ~だこうだと ぼやきながら 工作紙で
    作った 型紙

DSCF0428_convert_20190411193241.jpg


これからが布の色選びに時間かかり
寸法を測り またこれが上手くいかない
正絹はアイロンかければ伸びますし
キチンと測ってもなぜか いつもズレる

先生が仰ったのは

「 木曜日教室の皆さんは優秀ですよ 」 って

その優秀な仲間を引きづり降ろしているというか
 道連れにして壊しているのが 私なのです

        でもね

 仲間の人達は優しいので
私がついて行くことができるのです。






稽古が終わったら いつものお茶タイム

    Tさんが

「 クレソンさん よかった元気になって 」

 みんな 爆笑

「 どういうこと? 」

「 ティータイムで元通りのクレソンさんになった! 」

「 全く わ・た・し 変わりませんよ~ 」

「 いやいや 稽古中 クレソンさんじゃなかった 」



いったい全体 私はどのように
仲間からみられているんじゃ~





また 2週間後 ワル仲間と会える日を
楽しみに 宿題がんばらなくっちゃ~



マジ 今日は難しかった










今日は稽古日&桜とチョコ

12月と1月は稽古が一回のみでしたが

今月から月2回の元通りに そして今日

伊豆急行電車にガタンゴトン昔の汽車でもあるまいし

と言いたいですが山の中や 海岸スレスレを

走りますので 結構揺れるのです。

伊豆高原着く頃 今日は宿題提出・・






っ! 忘れた! パインツリー

うん もう~ どこか抜けている私

ヤンなっちゃう~ もう引き返せない・・

DSCF9570_convert_20190214211017.jpg



皆が揃い 宿題を提出して ハンコ押してもらっている

先生に忘れたことを詫び 気分は撃沈。



「 先生 三角だけ 縫った証拠あります 」 と

仲間に送信するため 写メしたパインツリーを
  先生に証拠 証拠と見せる 

   子ども 



次は何を作りましょうか・・ということになり

スマホケース ブローチ カードケース 等々

私はスマホケースがいいなと


「 ビーズ刺繍するとおしゃれになりますよ 」 と先生


「 高度なギジュツ~ 」 と Mさんが言う


「 難しく考えないで いいですよ 」


  と  言われても・・・

表生地の飾りの練習を 教えていただきました

私は仲間の人達より 手が遅いし

ず~と乾燥しているので 指先が痛い

なので スイスイ 針を動かせない

DSCF9554_convert_20190214210823.jpg
 


でもでも お茶タイムになると 指が痛いのが
どこかへ 飛んでいってしまうのは 気のせい?


木曜教室 5人生徒の内 キルトフェッスバルに
3人行ったので その話で盛り上がりぱなし

実は私も行くつもりで申し込みましたが
丁度用事と重なり キャンセルしたのです

DSCF9558_convert_20190214210849.jpg


2時間半はあっという間に過ぎる
次は28日 2週間後 待ち遠しです



夫に駅まで迎えに来てもらい

「 ねぇ ここのみかん畑の桜 撮りたい 」

「 薄暗いけど 撮れるか? 」

「 ・・うん たぶん・・・」

5時半近くで 曇り空でしたが

何とかギリギリ写すことができました。

河津桜ではなく早咲き桜で おうかん桜かも。

DSCF9562_convert_20190214210928.jpg
 


そうそう 今日は バレンタインデー

老夫婦にはカンケイないね

いつも食べている グリコの神戸ショコラ

 「 それ写すのか? 」

やっぱり 言うと思いましたよ

わが家はず~とこれを食べてます。

毎日 Godivaのチョコ食べてます

       って

うそバレバレというか もう何年もお目にかかってません。

DSCF9569_convert_20190214210955.jpg


わ・た・し・グリコ製菓の回し者ではありません。









プロフィール

プチ・クレソン

Author:プチ・クレソン
伊豆に住むちょっぴりお転婆なママ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR